漫画家とねことやさしい時間

プチひきこもり漫画家小田切ほたるのひきこもらないためのゆる〜いブログ

プチひきこもり&ゆきづまり漫画家が現状を変えるためにいろいろやるゆる〜いブログ

【東京】豊川稲荷東京別院へ参拝〈後〉神仏は本物の願いなら後押ししてくれる

f:id:odagirihtr:20200301001349j:image

小田切です。

いつも読んでくださりありがとう。

前回の続き、後編になります。

 

 

引越し作業を放って電車に乗り、豊川稲荷東京別院へ到着しました。

Kさん同行ですヽ(・∀・)

 

我々の目的は、

1.ごあいさつ

2.友人の悪縁消滅祈願

 

もちろん友人には「縁切りをお願いしてみようかと思うけどどう?」と相談しましたよ。

 

縁切りできるならぜひお願いしたい〜💦
それでもし私が会社辞めることになってもいいよ

と、返事が。

 

すごいストレスになってるんだなぁ・・・

 

友人は友人で、地元の神社へ参拝してみるということでした。

私は私で、やっぱり夢うつつのなか浮かんできた寺院のことが気になり、東京を離れるまえに見ておきたかったので、参拝を決めたのでした。

Kさんは初詣ね(^ ^)

 

前編記事はこちら⬇︎ 

www.odagiriblog.com

 

 

当日は晴天、かつ、ものすごい強風で。

「浄化の雨、祓いの風」なんて聞いたことありますか? どうもそういうの、あるらしいですね。

参拝するまえからすっかりいろいろ祓われたような、「私そんなに不浄なものつけてたのかな〜(^ ^;」と、微妙な気持ちに笑

 

f:id:odagirihtr:20200301195941j:image

手水をして、いよいよ参拝です。

任務を背負ってるためか少し緊張します(`・ω・´)キリッ✧

 

 

豊川稲荷東京別院 本殿

f:id:odagirihtr:20200301200532j:image

大勢の参拝者でにぎわっていました*

本殿の前にもなかなかの列が。

新年が明けて間もなかったということもあるかもしれませんが、たくさんの信者さんのいる寺院なんだということがわかりました。

 

f:id:odagirihtr:20200301201140j:image

⬆︎狛狐さん

狐というと、耳はとんがってるイメージですよね? ここの狐さんはまるみがあります。そしてスゴイ筋肉質。

一見して「あれ、変わってる・・・」という感想でした。本院の狛狐さんもこんななのかな?

一度みてみたいです(^。^)

 

本殿の中で、お札・お守り等も授与されているということで、靴をぬいで上がらせていただきました。

 

 

中に入り拝殿に向かいお参りしていると、ご祈祷がはじまりました。

商売繁盛祈願のようです。

そういえば、稲荷神社といえば商売繁盛祈願ですよね。

すっかり「縁切り」しか頭になかった私(・∀・;)

 

読経と太鼓の音で、すごい迫力!

辺りの空気が変わりました。

ありがたい・・・
次は私もご祈祷をお願いしたいな〜

 

本殿を入って右手に、お守りなどの授与所が設置されていましたよ。

イラスト

イラスト

火打ち石の火花は、魔除けやお清めの効果があるとされていますね。

そういえば、外の授与所では、火打ち石をされませんでした。

厄除け守りを買ったときのみかもしれません。

 

貴重な体験をさせていただいた〜と、Kさんと感動しながら、次の目的地へ。

 

 

悪縁を断ち切る 叶稲荷尊天(かなえいなりそんてん)

f:id:odagirihtr:20200305022355j:image

すべての悪縁を切り、禍事、災難をとり除いて、良縁へと結びつけてくださる守護神だそうです。

 

ここでも念入りにお参りしました。

事故や病気ということなく、相手と疎遠になる方法はないものかと・・・。

 

ここは日陰だったと思うのですが、写真がすべて光にあふれている感じに撮れていました。

 

不思議だー

 

 

金運・財運 融通稲荷尊天(ゆうづういなりそんてん)

f:id:odagirihtr:20200305025541j:image

財宝を生む尊天様が祀られているそうで、本殿に次ぐ長い列ができていました。

 

黄色い台に「融通金」という袋が置かれていて、自由に持ち帰ることができます。願いが叶ったとき、もしくは1年後に、お気持ちをつけて返納すると運気が上がるそうです。

 

私たちは1年後に返しに来られるかわからなかったので、いただきませんでした(・∀・;)

 

でもおもしろい習わしだな

 

 

慈悲の仏様 身がわり地蔵尊

f:id:odagirihtr:20200305030652j:image

本来人々が受けなくてはならない業の苦しみを、かわって受けてくださるということです。

 

ありがたい・・・(´;ω;`)ブワッ

 

もちろんお参りしました。

 

 

奥の院

f:id:odagirihtr:20200307191859j:image

こちらの白亜のお堂に、豊川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)が祀られています。

靴をぬいで上がれるようになっていましたので、中でお参りさせていただきました。

 

外観に、とても美しい装飾がほどこされていますが、お堂の中も美しかったです。

白いお狐さんもいましたよ(^ ^)

 

f:id:odagirihtr:20200307203032j:image

奥の院へつづく参道には、奉納されたのぼりがぎっしり。

 

 

三神殿と狐の参道

f:id:odagirihtr:20200307193737j:image

境内の奥にある三神殿。

 

中央に商売繁盛の「宇賀神王(うがしんのう)」、右に健康を守る「太郎稲荷」、左に円満な対人関係をもたらす「徳七郎稲荷」が、それぞれ祀られています。

 

狐さんの並ぶ参道が圧巻〜

 

 

境内のたくさんの御神仏

境内には本当にたくさんのご神仏がいらっしゃいました。

中でも、七福神めぐりというプレートがあり、スタンプ(?)のようなものを押している方をみました。なんだったんだろう・・・?

 

f:id:odagirihtr:20200307210300j:image

⬆︎恵比須天・大黒天・弁財天

弁天様の祀られている場所には、小銭を洗う場も設けられていましたよ。

銭洗いを一度体験してみたかったのだけど、今回はごあいさつなので割愛〜

f:id:odagirihtr:20200307210153j:image

⬆︎毘沙門天・布袋尊・福禄寿尊・ 壽老尊

 

f:id:odagirihtr:20200307211023j:image

⬆︎摩利支天

 

他にもご紹介しきれないほどの神仏がいらして、そのほとんどにごあいさつするとお賽銭が足りませんでした笑

かなり用意していったのですけど💦

 

足りない分はお守りなどを買ってくずしましたよ

 

 

豊川稲荷 東京別院 授与品

f:id:odagirihtr:20200307213339j:image

f:id:odagirihtr:20200307213444j:image

⬆︎吒枳尼眞天のイラストが綺麗で買った守護札(^^)/

 

f:id:odagirihtr:20200307213944j:image

⬆︎香木でつくられた念珠守

 

私が買ったのは白檀の念珠守。白檀の香りが好きです(*´∀`)

もうひとつ伽羅だったかな・・・?の、念珠守もあり、とても迷いました。

 

私はご朱印を集めていないのですが、ここはご朱印帳のデザインも可愛くて、買うかどうか真剣に悩んでしまいました。

お守りも何もかもデザインが素敵すぎた!

 

 

おみくじ

『神社に呼ばれる』的な夢をみて、こちらを参拝しました。呼んでいただいたからには、何かしらアドバイスをいただけるのでは!と勝手に期待して、おみくじをひくことに。

 

イラスト

イラスト

 

⬇︎こちらが落ちてきたおみくじ笑

f:id:odagirihtr:20200308193416j:image

仕事についてお尋ねしたわけですが、「人の上に立つ」という文字がくり返しあり・・・

「人の上に立つ身分とはどういう意味だろう?」と、友だちに意見を聞いたら

 

人の上に立つ、すなわち尊敬される人

先生と名のつくもの

漫画家も含まれるのでは?ヽ(・∀・)

 

と。

 

おお〜なるほど〜✨

 

漫画家は必ずしも尊敬されるわけではないんですけど・・・

そしていま自分は、とても宙ぶらりんな状態ですけど・・・

私、漫画家を続けて良いのですか(´;ω;`)ブワッ

 

「商いはゆるゆるすべし」という言葉も書かれてあるので、「焦らないでいいよ」ということだと受けとめようと思います。

なんだか優しいお言葉✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

 

他の項目にも目を通すべく、おみくじは持ち帰りました。

 

寺社へ行ったらおみくじを引いてアドバイスをいただき、開運招福につなげるのがおすすめです〜 

www.odagiriblog.com

 

 

 

後日談

その後、私は京都に引越しました。

 

これで本当に事態がまるくおさまったら、私は東京までお礼参り覚悟だよ〜💦

 

京都へ移って、すぐ東京に戻る予定を立てないといけなくなったら笑う・・・(^ ^;

 友人も笑いながら「一緒にいくよ~」なんて話してた、先日のこと。

 

 

参拝してから、約1ヶ月ほどたっていました。

事態は急展開。

 

 

〝まじない〟をかけていた張本人Aが、他支店に異動することに!

それも友人のいる所とはほぼ接点のない、遠い場所へ。

けれどAの実家には近いので、産休明けのAにとっても悪くない話ではあるのだそう。

 

 

(´⊙ω⊙`)「え~・・・そんなうまくおさまるの??」

 

 

 

まさに天の裁き・・・

 

というわけで、友人は現在は「あのストレスが嘘のよう」というくらい、平和に過ごせています。

傷めた肩に関しては、まだリハビリには通っていますが、痛みが出ることはほとんどなくなったそう。

 

 

急激にすべてがまるくおさまり、平和な日常が戻りました。

 

 

友人はふだんは、自分の問題は自分で解決できる力のあるひとです。

でも今回、「あまりよくない人」に「まじないをかけられた」かもしれないという、まさかのできごとで・・・どうしたらよいか本当に途方に暮れていました。

 

 

それが現在、こじらせることなくいつもの日常に戻れたというのは、私には、神仏の御働きがあったとしか思えないんです。

これまでにも何度か、まさに神業としか思えない経験をしてきているので(^ ^;

 

 

神様にたよりきりになってはダメ。

でも、どうしようもなくなった時、情けか気まぐれか、前へ進めるようにと後押ししてくださることは本当にありがたく、心強いなぁと思います。

 

お酒を持って、お礼に伺いたいと思っています(^^)

 

 

 

豊川稲荷東京別院

アクセス

東京メトロ銀座線/丸の内線「赤坂見附駅」(B出口)から徒歩5分
東京メトロ有楽町線/半蔵門線・南北線「永田町駅」(7番出口)から徒歩5分

 

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-7

TEL:03-3408-3414

※最新情報は公式ホームページにてご確認ください。