漫画家とねことやさしい時間

プチひきこもり漫画家小田切ほたるのひきこもらないためのゆる〜いブログ

プチひきこもり&ゆきづまり漫画家が現状を変えるためにいろいろやるゆる〜いブログ

【伊勢神宮へ三人旅①】漫画&写真で送る*東京出発〜〈外宮〉で撮れた龍?

f:id:odagirihtr:20191010221159j:image

 

前書き

田舎育ちで、子供の頃の遊び場といったら

神社やお寺だった小田切です。

 

そのせいか

自分が行きづまったりストレスがたまったりした時に、神社に行きたくなります。

 

原稿がハードで

ストレスがピークになった時に

涙目で「神社行きたい」とKさんに訴えて

夜遅くに近所の神社までつき合って

もらったこともあります。

夜に入ってはいけない神社もありますが

 

あともちろん、本当に困った時は困った時の神頼みをしたくなって行きます^^

でも基本的に〝落ちつける〟と思うため行きます。樹木や水などの自然があるから、という理由もあると思います。

 

 

 

それでかねてから

伊勢神宮を詣でてみたいと思っていたのですが

なかなか仕事の都合がつかなかったのと

 

御朱印ブームなどで

TVで伊勢神宮の特集が

ひんぱんに流れるのを見るにつけ

 

 

「日光東照宮の二の舞になったら嫌だなぁ」

(人、人、人の観光客だらけで

浄化されるより疲れた苦い経験)

 

という気持ちが勝つのもあり

行く機会がなかったのでした。

 

 

 

そんな時

 

日本の神様カード※

なる新アイテムを手に入れました。

※オラクルカード。カードをひいてご神託を受けとる。占いのようなかんじ。

 

 

さっそく聞いてみたよね(・∀・)

「今手がけている仕事の力になってくださりそうな神様はどなたですか?」

 

f:id:odagirihtr:20191012025804j:image

 

∑(゚Д゚)「天照大御神※出たヨーーー」

 

 

これはもうとりあえず何がなんでも

伊勢神宮へ行こう!と思ったよね♬

※伊勢神宮内宮にお祀りされている神様

 

人間て単純だなぁ

お願いごとを聞いてくれるとは思ってないよ〜キッカケね、キッカケ

 

ちょうど京都に行く用事もあったので、

日程としては

     1日目 東京→伊勢市・伊勢神宮(1泊)

     2日目 伊勢市→京都(1泊)

     3日目 帰路東京へ

と決まりました。

 

神社好きの友人にこのことを話すと

「仕事の休みが取れたら一緒に行きたい」

と言い出し、本当に休みをもぎ取りました。

 

 

こうして

小田切、Kさん、友人Fの3人

伊勢神宮へ参ることとなったのです。

 

小田切の体力的に、少しハードな日程かもしれないと一抹の不安を抱きつつ…

 

 

出発前日

小田切は薬漬けでした:(>'A`)>::

 

この夏の酷暑による影響が徐々にきて自律神経がやられ、さまざまな体調不良におそわれていました。

 

この時の主な症状⸜( ˙▿˙ )⸝

  • 数年前に診断された過敏性腸症候群の復活
  • 口のまわりに赤い発疹が出る口唇炎
  • めまい・偏頭痛・だるさ
  • 胸やけ・食欲不振
  • のどの痛み

 

特に、過敏性腸症候群がつらくてですね…

 

私の場合は「便秘期」と「下痢期」を交互にくり返す「不安定型」なんですが

(治りにくいとお医者さんに言われ…)

 

この時、下痢期に入っていたので

突然くる腹痛からのトイレかけこみ状態に

とても苦しんでいました。

 

 

この状態で旅に出るなんて不安すぎる:(>'A`)>::

 

必死で直そうと安静にしたし

食事制限もかけてました。

漢方薬や整腸剤や鎮痛剤、前日にはのどの痛みが出たので風邪薬…と、薬漬け。

 

でも治らない(´;ω;`)

 

日頃の行いじゃねーの

 

 

遅ればせながら小田切

タロットカードもやるのですが

 

そういえば

10日ほど前に今回の旅のことを占った時

こんなカードを引きました

 

f:id:odagirihtr:20191012152720j:image

⬆︎旅1日目のカード

 

(・∀・;)「すっごい重そう、しんどそう…」

 

はい。

このたくさん棒を抱えているカード、

負担をいっぱい抱えてかなり無理をしている時、頑張りすぎている時なんかに出るんです。

 

 

「1日目はだいぶ無理をするんだなぁ」

とは思っていたけど、この体調の悪さも暗示していたのかな。。。

 

******

外は。東京は明日も雨予報。

 

三重県は晴れる予報だったのでKさんが「傘持っていくの嫌だ〜〜」とボヤく中、腹痛とたたかう小田切、というカオスな状況でした。

 

 

そんな中、友人Fから連絡が。

日傘持っていくか迷ってる〜 傘邪魔だよね

(みんな考えることは同じだなぁ)

私は晴雨兼用のやつ持ってくよ〜 東京は出る時に雨みたいだし。それに私ここぞって時は晴れる晴れ女だから、ただの晴れじゃなくてギラギラに晴れる可能性あるよー

 

と返したら「持っていく(´-ω-`)」と。

 

そう

 

過去に小田切は、取材旅行などに行った時に、ナゾの晴れ女伝説を数々残しているのです。

 

梅雨の時期に行ったけど、当日梅雨明け

前日まで台風来てたけど、当日晴天

 

Kさんはそれが原因で熱中症になりかけたことがあり、今回もそうなる可能性を見越して熱中症対策にいそしんでいました(;^ω^)

(ドリンクを凍らせたり保冷剤を用意したり)

 

 

体調不良の上に太陽ギラギラだったら私はどうなるんだろう…と、不安を抱えたまま、出発当日の朝をむかえたのです。

(行かないという選択肢はなかった)

 

 

東京出発、伊勢市へと

早朝・東京出発⬇︎

イラスト1

 

伊勢市到着⬇︎

イラスト2

 

案の定…!

東京駅で新幹線に乗り込んだところまでは雨でしたが、伊勢に近づくにつれどんどん青空に。

伊勢市駅に降り立つと、ギラギラの太陽が私たちをむかえてくれました(^ ^;)

 

f:id:odagirihtr:20191013033110j:image

新幹線の窓から見えた富士山。

 

f:id:odagirihtr:20191012210254j:image

近鉄の列車内。綺麗な車内でした。

 

f:id:odagirihtr:20191012210507j:image

伊勢市駅到着!(内)⬆︎

 

f:id:odagirihtr:20191012211110j:image

伊勢市駅(外)⬆︎

思ったより人は少なかったです。

 

f:id:odagirihtr:20191012235606j:image

駅を出てすぐ鳥居がありましたよ。

 

ここまでの交通費

⚪︎東京→名古屋

   東海道新幹線のぞみ/11,090円

⚪︎名古屋→伊勢市

   近鉄名古屋線特急/2,770円

*近鉄の切符はびゅうプラザでとりました

 

 

f:id:odagirihtr:20191013000026j:image

スマホに指があたって偶然撮れていた太陽。

秋でもギラギラです。暑いです!

友人と「やっぱり日傘持ってきてよかったー」なんて話しましたよ。

 

晴れならいいじゃん!と思います?

 

確かに、小田切にとって〝ここぞ〟という時に晴れるのは吉兆のサインと言われているので、喜ぶべきことなんですが…でも

 

自律神経やられてるんで…

 

気温の落差に弱いんです…:(>'A`)>::

太陽は〝ギラギラ〟ではなく〝サンサン〟くらいでお願いしたい…ぜいたくですけども。

 

(;ω;)「急におなか痛いとかトイレ行きたいとか言い出したらごめん」と、先にあやまりつつ移動。

 

f:id:odagirihtr:20191013002510j:image

まずは宿泊するホテルに荷物を預けに。

徒歩3分ほどでした。

 

はじめ、内宮(ないくう)近くの旅館を予約したものの、次の日の朝早くに京都へ移動しなくてはいけないことを考えて、こちらのホテルに変更。

結果、やはり駅近は便利でよかったです♪

 

www.choice-hotels.jp

 

f:id:odagirihtr:20191013004927j:image

お伊勢参りでは、外宮(げくう)内宮の順に詣でるのがならわしだそうです。

なのでまずは外宮へ向かいます。

外宮へは伊勢市駅から歩いて行けます。

10分弱★

何度も来ている友人Fが、道案内してくれました。

 

この日は陽射しだけじゃなく風も強くて、空には雲がほとんどなかった!

 

 

豊受大神宮(とようけだいじんぐう)〈外宮〉

 

f:id:odagirihtr:20191013011046j:image

外宮の玄関口、火除橋(ひよけばし)を渡り

手水舎(てみずしゃ)で心身を清めます。

 

f:id:odagirihtr:20191013014030j:image

いよいよ第一鳥居へ。この先はご神域です。

うっすらとですが、真ん中に緑のラインが写りました。「龍かな?」なんてみんなで話しましたよ。

なんといっても伊勢神宮なので。

何が写っても不思議はないですよね^^

 

f:id:odagirihtr:20191013015123j:image

f:id:odagirihtr:20191013020242j:image

鳥居をくぐると、木々のトンネルのような参道が続きます。

とても美しい緑。空気が清々しいです。

おかげで日傘がいりません。

人出もほどほどで、ホッとひと安心。

 

御正宮

f:id:odagirihtr:20191013033751j:image

最初に参拝するのは正宮(しょうぐう)

豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られるメインのお宮です。簡素で素朴なたたずまいが良きですね*

 

正宮ではお願いごとはせず「日頃の感謝の気持ちをお伝えする」というならわしに従ってごあいさつです。

 

別宮・多賀宮(べつぐう・たかのみや)

f:id:odagirihtr:20191013041827j:image

多賀宮へ行くには、思いのほか長い階段を上らなくてはなりませんでした。

私とKさんは、外宮の簡略化された地図を見ただけだったのでこれは想定外(・∀・;)

他の参拝客を見ると、長いピンヒールでおぼつかなく下りている方などもいて、同じく「想定外だ(・_・;」と思ったかもしれません。

 

砂利道も多いし、そもそもピンヒールで来るところではないんだけど、神社参拝にはやはりウォーキングシューズなどの運動靴をおすすめします。

 

f:id:odagirihtr:20191013165023j:image

多賀宮の社殿

豊受大御神の荒御魂(あらみたま)が祀られています。荒御魂って神様が荒ぶった時のもうひとつの神格だそうです。

 

ここで小田切的に不思議現象が起こりました。口がしびれて感覚がないカンジになったのです。

歯医者さんで麻酔を打たれた時みたいな、すごい違和感。。。

 

多賀宮を離れたらおさまったので、場所のせいかなと思うけど。磁場が強いという話も聞くのでそれかな?

 

風宮(かぜのみや)・土宮(つちのみや)

f:id:odagirihtr:20191013205754j:image

風宮・風の神をお祀りする別宮。

土宮・地主神をお祀りする別宮。

f:id:odagirihtr:20191013233215j:image

敷きつめられた石を踏むと、キュッキュッとかわいい音がしました*

 

神楽殿(かぐらでん)

f:id:odagirihtr:20191013023031j:image

ここではお札やお守りを買うことができます。

ご朱印の受付に長い列ができていました。友人Fが果敢に並びます。

 

f:id:odagirihtr:20191013023622j:image

小田切は何かを収集するのに向いていないみたいで、ご朱印もいただいてません(*´-`)

友人を見守るのみ。

思ったより早く列は進んでいました。

 

f:id:odagirihtr:20191013025403j:image

通称〝三ツ石〟と呼ばれるお祓いをする場所。

以前、手をかざすと温かいなどパワースポットとして有名になったようですが、今は誰も集まっていませんでした。何かあったのかな?

 

参拝時間(内宮・外宮・別宮)

   ●10月・11月・12月
     午前5時〜午後5時
   ●1月・2月・3月・4月・9月
     午前5時〜午後6時
   ●5月・6月・7月・8月
     午前5時〜午後7時

   火除橋より域内禁煙

 

 

 

f:id:odagirihtr:20191014001420j:image

外宮をあとにして内宮へ向かいます。

抜けるような青空。空が高いです。

 

暑さが苦手な小田切は、この時点で少々バテぎみ…

Kさんが用意してきた凍らせたドリンクに、とても助けられました(´;ω;`)

 

f:id:odagirihtr:20191014001956j:image

内宮方面のバス停は、表参道のほうから出てすぐ正面にありました。

バテぎみだったのでタクシーに乗るのと迷ったけれど、タクシーが見あたらずバス停へ。

 

f:id:odagirihtr:20191014002612j:image

料金はこんな感じ。内宮まで430円。ちょっとお高めかもしれません。タクシーに乗っても頭数で割ったらトントンかも。。。

Suicaが使えるので、事前に多めにチャージしておいたら便利かと思います*

 

運良くバスはすぐに来てくれました。

 

 

 

ここから内宮までは約20分…

 

しかし

実は小田切が日本の神様カードを引いた時

f:id:odagirihtr:20191014005001j:image

⬆︎こんなカードもポロっと落ちたのですよ…

 

そう、

 

 

小田切は猿田毘古神(さるたびこのかみ)カードも引いていた!٩( • ̀ω•́ )و✧

 

 

 

なので次は、バスを途中下車して猿田彦神社へ向かいます(`・ω・´)キリッ✧

 

 

小田切の行動基準て…

 

 

 

◆あわせて読みたい◆ 

www.odagiriblog.com

www.odagiriblog.com

www.odagiriblog.com

www.odagiriblog.com