漫画家とねことやさしい時間

プチひきこもり漫画家小田切ほたるのひきこもらないためのゆる〜いブログ

プチひきこもり&ゆきづまり漫画家が現状を変えるためにいろいろやるゆる〜いブログ

【京都】洛南巡り・漫画家がゆく藤森神社〜御香宮神社*夢のお告げ32の謎が解ける★(後)

f:id:odagirihtr:20191206214117j:image

 

さて、友人Fとは別れ、ここからはKさんと2人で藤森神社御香宮神社を目指します*

場所

地図ではこの辺り。

先ほどまでいた伏見稲荷大社から、さらに電車で南下します。

ここへきてついに、友人Fが夢で見た〝32〟という数字の謎が明らかに⸜( ˙▿˙ )⸝

 

www.odagiriblog.com

 

 

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)

f:id:odagirihtr:20191201025205j:image

今から約1800年前に、神功皇后(じんぐうこうごう)によって創建されたと伝わる神社です。

駈馬神事(かけうましんじ)や、菖蒲の節句の発祥の地として知られていて、勝負運を授かれることで有名。

 

勝負運と馬の神社ということで、騎手や競馬ファンが多数参拝に訪れるとのこと。

馬にちなんだ「おみくじ」や「お守り」「御朱印」が授与できます。

新撰組の局長・近藤勇ともゆかりのある神社みたいだね〜
私は歴史ニガテなのでピンとこないですが

 

f:id:odagirihtr:20191201030416j:image

お狐さまの次はお馬さん〜(*'▽')

f:id:odagirihtr:20191201030413j:image

空を見上げると…雲まで馬の形に!?(^ ^)

 

御旗塚(みはたづか)

f:id:odagirihtr:20191201031608j:image

藤森神社を創建した神功皇后(じんぐうこうごう)が、藤森の地に軍旗を立て、兵具を納め、塚を作った場所といわれています。

この「御旗塚」の上におまつりされていた巨木の切り株を、地元では親しみを込めていちの木さんと呼んでいるそう。いちいの木なので(^ ^)

 

新選組の近藤勇が、慢性の腰痛に悩まされていた時に参拝したと伝わっている切り株です。拝むと、腰痛がキレイに治ったそう。

腰痛もちなのに拝まなかった!

現在では腰痛に悩む参詣者が多数訪れるらしいよ~

 

境内に湧く名水・不二の水

f:id:odagirihtr:20191201034113j:image

境内の地下100mを流れる「不二の水」と呼称されるご神水が湧き出ています。

 

勝運向上、健康長寿、美肌効果、ごはんを炊くと美味しく炊きあがる!などのご利益があるとか。

地元の方が汲みに来ていました。

京都を代表するパワースポットと言われているそうです。

ペットボトル持参で行くんだった〜!

 

御祭神
  • 素盞鳴命(すさのおのみこと)
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)など12柱
御利益

勝負運向上、学業成就、腰痛除

参拝時間

年中無休*行事時以外 境内参拝自由

               *9時〜16時(開門・閉門時間)

アクセス

電車利用の場合

  • 京阪 墨染駅下車 徒歩約8分
  • JR 藤森駅下車 徒歩約5分

 

最新情報は藤森神社公式サイトでチェックしてください。

 

 

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

f:id:odagirihtr:20191201234631j:image

安産・子育ての神として広く崇められている、神功皇后(じんぐうこうごう)を主祭神とする神社です。

平安時代、境内から良い香りの水が湧き出たので、清和天皇(せいわてんのう)より「御香宮」の名を賜ったと言います。

 

豊臣秀吉が伏見城の守護神としてまつったそう。

写真の表門は、伏見城大手門を移築したものだそうです。

伏見は歴史ファンなら垂涎の場所なんだろうけど、私には〝猫に小判感〟が否めない…!

 

f:id:odagirihtr:20191202054141j:image

拝殿から表門へ向かって撮った参道。

松が多く、どことなく日本庭園やお寺のような落ちついたおもむきを感じます。

 

本殿・拝殿

f:id:odagirihtr:20191202061259j:image

写真は拝殿。この後ろに本殿があります。

f:id:odagirihtr:20191202061303j:image

桃山時代の特色である、 極彩色の手の込んだ彫刻が見どころ。

向かって右は鯉の瀧のぼり、すなわち龍神伝説の光景を、左は琴高仙人(きんこうせんにん)が鯉にまたがって瀧をのぼっている光景を写しているそう。

遠い昔の技術を今も見られるというのが 不思議でありがたい感じする♡

 

 

写真が少ないですが、我々が訪ねた時は何か工事中で、トラックが乗り上げていたり足場が組まれていたりで、あまり撮れなかったのでした〜( ;∀;)

他にも、小堀遠州ゆかりの石庭(拝観料200円)や、伏見城の残石がつんであったりと、見どころの多い歴史ある神社です。

 

御香水で水占い

f:id:odagirihtr:20191202155754j:image

御香宮神社の名前の由来にもなっているこの御香水は、伏見の七名水のひとつとして「名水百選」に認定されています。汲んで持ち帰る人も多いそうです。

伏見は名水があちこちに湧き出ていて、酒処として有名。

私はお酒を飲まないので、これもまた猫に小判〜〜

余談ですけど、「お酒飲まない(飲まなくていい)」と人に言うと、決まって「どうして?」と聞かれます(;^ω^)

私としては「どうして飲んで楽しいの?」と逆に聞きたいところなんだけど・・・そんなに変わってますかね(・ω・)

 

 

さて、ここで人気の水占い(200円)をすることに!

おみくじを水にひたすと文字が浮き出るという、あれです。それをこの御香水でやるという贅沢版*

結果⬇︎

f:id:odagirihtr:20191202171931j:image

わーい
大吉だ〜〜!

でも
「目標に対し努力足りず 地道に勤め」
って怒られてる

いや~…引越しのことについて尋ねたんだけどもね…

 

ここで、一足先に帰宅した友人Fからメールがきたので、「大吉なのに怒られたよ〜」とおみくじの画像つきで返信。

すると返信がきて・・・

イラスト

イラスト

 

f:id:odagirihtr:20191202174821j:image

た、確かに32だーーー!!

3人で話し合った結果、夢で見た「32」をお告げだとすると、やはりこのおみくじのことをさしているのだろうという結論に。

 

不思議ですね〜。

でもまったくありえないことではないのです。

これもシンクロニシティのひとつと考えます。

私も悩んでいて、夢で進むべき道を何度か教えてもらったりしました。夢はあなどれないよ・・・

「悩んでいたことの答えがふと手に取った本の中に書いてあった」とか…

「誰かのことを考えていたらその人から連絡がきた」とか?

うんうん
そんな経験をしたことがある人は多いんじゃないかな〜? 知り合いの編集者は「まったくないです!」って言いきってたけど

 

この偶然を、ただの偶然と取るか意味のある偶然と取るかは、その人しだいです。

 

小田切は今までの経験上、ただの偶然とは取りません。

特に、身近な人の口を借りて重要なメッセージが届くことは多いので、友達の言うことはわりと真剣に受けとめます。

 

・・・ということは、つまりなんなのか?

イラスト

引越しの物件探しにはいつも苦労します。漫画家って大変なんです・・・

この時も不安いっぱいだった私。

だから、何かヒントをもらっているのでは?と、このおみくじの件はずっと頭に残りました。

 

結果、この時のことがキッカケになって、無事良い物件と巡りあうことができました٩( • ̀ω•́ )و✧

 

おみくじのご利益と、夢を見てくれた友人に感謝✨

 

主祭神
  • 神功皇后(じんぐうこうごう)
御利益

安産守護、子育て

参拝時間

不定休*境内参拝自由

           *御祈祷 9時〜16時

           *御香水の取水 7時〜19時

アクセス

電車利用の場合

  • 京阪本線 伏見桃山駅下車
  • 近鉄京都線 桃山御陵前駅下車
  • JR奈良線 桃山駅下車

…いずれも徒歩5分以内

 

最新情報は御香宮神社公式サイトでチェックしてください。

 

そんなわけで 次回はおみくじのご利益を最大限にいかすための「小田切流正しいおみくじの引き方」をお送りします〜

もうすぐ正月だしな

ボクも開運するー!

 

 

◆あわせて読みたい◆

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com

www.odagiriblog.com