漫画家とねことやさしい時間

プチひきこもり漫画家小田切ほたるのひきこもらないためのゆる〜いブログ

プチひきこもり&ゆきづまり漫画家が現状を変えるためにいろいろやるゆる〜いブログ

京都へ引越すことになりました

f:id:odagirihtr:20191212145629j:image

 

記事をたくさん読んでくださった方は、

「小田切、引越し引越し言ってるなー」と感じたかもしれません。

 

漫画をお休みしてからあっという間に半年がたち、自分でもこの先どうなるか、どうしたらいいのか判らずに、不安な気持ち半分で過ごすことが多かったです。

でも、不安だからってこのまま現状維持してても、このままの自分ですからね。

 

 

そこで私は、

東京を離れて京都に移ってみることにしました。

 

先日無事に物件を決めることができたのでご報告です(*゚▽゚)ノ

やたらと京都へ行っていたのは、このためだったのでした。

 

 

思えば、漫画家の友達が商業誌をやめて、実家へ帰ってしまってから、「自分もどこかの土地に落ちつきたいなぁ」とずっと考えていました。

 

www.odagiriblog.com

 

 

場所の候補はいろいろ上げたけれど、将来的なことを考えるとやっぱり大好きな友達のいる「関西方面」がいいなぁと思いました。

 

関西方面のどこが良いか?と相談した周りの人には、京都を勧められました。

 

言われてみると、京都は、小田切が昔から住んでみたい憧れの場所でありました。

 

 

でも、私には懸念があり・・・

 

いつ訪れても混んでいます

人がたくさんいます

オーバーツーリストです・・・:(>'A`)>::

 

 

ですけど、それを言ってみると

でも東京だってオーバーツーリスト状態だよね?

・・・え? まぁ、確かに・・・

それに京都は路地1本入れば静かだよ
お年寄りしかいないよ笑

あ、そうなんですか

ああ、でもゴミの出し方とかは綺麗にしとかないとうるさいかも

あ、それはむしろそのほうが良いです

なんだ〜じゃあ 何も問題ないじゃない?(^ ^)

た、確かに・・・

 

理路整然と言われるとまったく問題ないことに気づきました。

それでも、小田切は思っていました。

 

 

私なんかが京都に住んでいいのかな?

 

 

 

そして、ハッとしましたよ。

 

結局コレなんですよね、私のブロックって。

 

問題なのはオーバーツーリストでもなんでもなく

 

「自分なんかが、寺社がたくさんあってこんな所に住めたらいいな〜なんて憧れた場所に住むとか、そんな贅沢をしていいわけがない、そんな幸せを感じることなんて許されない」

 

・・・こんなふうに、無意識に、自分に対して「満たされる許可」「幸せになる許可」をしないことなんですね。

 

 

 

今どきは原稿もネット経由で送れて、アシスタントさんともPCの向こうでつながれ、漫画家が東京にいなくてはいけない理由はなく

 

動こうと思えばどこへでも行けるくせに

 

なぜ「自分なんかが許されない」と足かせをつけてしまうのか?

 

 

 

これもやっぱり自己否定につながっていくんだなぁと思います。

 

 

f:id:odagirihtr:20191212164325j:image

私は子どもの頃、母親から人格否定されたり、褒めてもらえずに育ちました。だから自己肯定感がとても低いです。

 

どんなに頑張っても認めてもらえなかったので、自分に課す努力のハードルにも制限がありません。いつも「もっともっと頑張らないと」と思ってしまいます。

 

・・・ということが、生きているうちにわかってきました(^ ^;

(大人になった今は「母親もいろいろ大変だったんだろうな」と割り切れております)

 

www.odagiriblog.com

 

 

前にも記事に書いたけれど、

私は心のどこかでずっと

 

生きることはつらいこと

我慢することはあたりまえ

頑張ることはあたりまえ

 

だと信じていました。

 

ずっと「私なんて」と、自分の価値を低く見積もって生きてきたのです。

 

だから、自分の好きなことをしようとする時、満たされるものが目の前にある時も、「私なんかが」と、ためらうんですね。無意識でしたが・・・

 

一方で、商業誌をやめた友達のように、自分のやりたいように自由に楽しんで生きている人もいます。

 

私は、いつも誰かを「楽しそうでいいな」「幸せそうでいいな」とうらやんで、「自分はしょうもないなー」と思っていたけれど、他ならぬ自分が、自分を幸せにすることにストップをかけていたのです。

 

 

f:id:odagirihtr:20191212191220j:image

それに気づけたからには、まずは〝私なんかが〟をやめたいな・・・と思いました。

 

 

だから思い切って

昔憧れた

京都に行ってみることにします(*´ω`*)

 

 

せっかく勧めてもらったし、何かご縁がありそうです🌟

 

もちろん、はじめての土地、はじめての関西、習慣も違うだろうし、かかりつけのお医者さんも1から見つけないとだし、テレビ番組すら見慣れないだろうし、不安もあるけれど

 

 

自分を変化させることを怖がらず

ガチガチになっている肩の力を抜いて

周りの人のことを信頼し、感謝し

もっと自分が満たされるために

幸せになるために

やりたいように流されてみる

 

失敗しても笑われても楽しんで

きっと前に進む自分でいる

 

志だけは高く・笑

 

 

こんなふうに自分を奮い立たせています。

 

そして、チャンスを見つけて行動に移せることに、今とても感謝しています。

 

 

 

 

思ったことは現実化しやすいと言います。

引き寄せの法則なんて呼びますね。成功法則のひとつと言われています。

 

人に愛されない・嫌われると思う人は

愛されないし嫌われる

 

苦労はするものだと思っている人は

苦労をするし幸せが長く続かない

 

逆に

 

愛される・好かれると思って行動する人は

そうなるし

ずっと良いことだらけと思っている人は

何があっても毎日楽しく幸せに過ごせる

 

 

その人が出す波動は共鳴し、同じ波動を引き寄せる・・・という考えです。

 

ネガティブな私には難しく感じるけれど、本当にそうだなぁと思っています。

 

人は、その人の在り方にふさわしいものを人生で受け取ることになるんですね。

 

 

なのでもし、毎日が楽しくなかったり不満でいっぱいな人がいたら、立ち止まって「どうしてそんな現実を呼んでしまっているのか?」を、考えてみると良いです。

 

そして、自分の考え方や行動を変えてみる。

 

私のように「自分なんかが」と思っている方は、自分を認めて褒めて、幸せに生きることを自分に許可してあげましょう( ´ ▽ ` )

それが周りの人のためにもなります。

 

大人になればなるほど「やりたいようにやる」ことが難しく思えるかもしれませんけど、我慢我慢が続くとイライラしてしまいます。

 

 

できることからでいい。

らくに楽しく生きていい。

 

 

やっぱり、自分の機嫌て誰も取ってくれないんですよね。

自分の機嫌は自分で取る。

これがうまくいく鉄則だと思います。

 

f:id:odagirihtr:20191212153134j:image

 

長くなりました。

貴重なお時間をくださり、

読んでくださりありがとうございました。

 

いってまいります(-ω-ゞ⌒☆

 

 

 

◆あわせて読みたい◆  

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com 

www.odagiriblog.com