漫画家とねことやさしい時間

プチひきこもり漫画家小田切ほたるのひきこもらないためのゆる〜いブログ

プチひきこもり&ゆきづまり漫画家が現状を変えるためにいろいろやるゆる〜いブログ

自分軸・自己肯定感を上げる

羽生結弦選手にみた一流のあきらめかた

これは自分の、心から感じることなんだけれど。 人生って「自己肯定感」で、ほとんど決まってしまう。昔からうっすらと、自分は、自己肯定感が低いなと思っていたけれど、いまは切に思う。 「自己肯定感」さえあれば、 自分自身に毎日のようにうんざりして、…

「超生きてる」という言葉が頭をぐるぐるしてるんです

京都へ移ってきて、思いだすのは 「超生きてる」 という言葉。 東京を去るまえ、やさしい、人生の先輩がはなった言葉なんだけれど。 その先輩は、むかし文章を書いていて、話していてもスルスルと単語がつむがれる。「さすがだなぁ・・・」なんて聞いていた。 …

小田切の年末&元旦と夢のふしぎ

明けましておめでとうございます(╹◡╹) 年末年始、 皆さんはどんなふうに過ごされたでしょうか? 私はですね 年末までは中旬にせまった引越しの作業でバタバタ、 元旦は朝からずっと上半身が重くて痛くて頭痛がし(気圧?)、仕方なく薬を飲んで横になってすご…

京都へ引越すことになりました

記事をたくさん読んでくださった方は、 「小田切、引越し引越し言ってるなー」と感じたかもしれません。 漫画をお休みしてからあっという間に半年がたち、自分でもこの先どうなるか、どうしたらいいのか判らずに、不安な気持ち半分で過ごすことが多かったで…

【自分軸】「この漫画、自己犠牲のお話だから読んでて辛い」と言われて、自分をふり返った話①

他人軸で生きていた私が自分軸を取り戻すまでの道のり 私は「裏切りは僕の名前を知っている」(以下:裏僕)という漫画を10年ほど描いておりまして。 ⬆︎手もとにあった画像ですが、こんな感じで(^ ^) 「シリアスで長編でバトルもの」との編集部側の要望で始めま…

【自分軸で楽に生きる】友人が商業誌(漫画家)をやめた件

【何が幸せかを考えたことなかった】私が自分をふり返ったキッカケ 数年ほど前のこと。 その頃の小田切ときたらとりつかれたように常に睡眠不足で。 外出もままならない中、 体調不良をだましだまし原稿をしていました。 そんないつもと変わらない日常を 一…